スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うどん屋さんの生パスタ
2009年10月29日 (木) | 編集 |
株式会社讃匠(さぬきうどんの亀城庵)さんの開発中生パスタモニターに選ばれまして、我が家に生パスタが届きました。
men.jpg
キッタラ(細麺)120g×2、パッパルデッレ(平麺)120g×2

パスタは家でも食べるけど、生パスタを家で食べるのは初めてなんです。
いつも普通の乾麺なので、平麺も家で食べたことがありません。

まずは、平麺から。
麺は、冷凍で保存してあるのですが、熱湯の中に凍ったまま入れ、1分ほどで硬めに茹であがります。

平麺はクリーム系のパスタが合うと思って、カルボナーラに挑戦。
挑戦、っていうのは、初めて作ったの。
カルボナーラってよくパスタの名前として聞くし、お店で食べたことはあるんだけど、今まで家で作ったことがないんです。
私が作ったのは、全卵で生クリームを使わないカルボナーラ。
ソースの味は、さっぱりめだけど美味しいです。

麺は、モチモチしていて弾力があり、食べ応えあり。
こう言っては何ですが、うどんのようなコシ。
クリームと絡んで美味し~い。

karubo.jpg     pepe.jpg

次に細麺。
茹で時間は、平麺と同じ。
こちらは、元はペペロンチーノなんだけど、そこにウィンナー、しめじ、水菜をプラスしたものを作りました。

細麺も平麺と同じく弾力があってモチモチ。
でもね、私の料理の腕が悪いのかもしれませんが、ちょっとソースと絡んでない感じがしました。
さっぱりしたソースだと麺に負けちゃうのかな~。
そして、細麺には、もうちょっとスルッと口に入る感じが欲しかった。

それでも、生パスタは、コシがあり、歯ごたえが良くて、麺が違うと料理の味も本格的な感じがして美味しかったです。
麺の茹で時間が短いのも、先にソースを作っておいてから麺を茹でても大丈夫と調理しやすかった。
これから、我が家にも生パスタ、取り入れていきたいです。

モニターをさせていただき、生パスタの魅力を知ることができました。
ありがとうございました~。

さぬきうどんの亀城庵・インターネット店
株式会社讃匠(さぬきうどんの亀城庵)ファンブロガーサイトに参加中
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。